目の周りの小じわを取る ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチ

遂にでましたね、ヒアルロン酸が入ったパッチです。
パックではなく、パッチです。

商品名は、「ヒアロディープパッチ」と言います。

この、商品は、東証一部上場会社でモンドセレクションを多数受賞している、北の快適工房から発売したと言うことですが、今までこのような商品は世に出ていないので、どうなの?・・と迷う方もいらっしゃると思います。

でも、今まで、目の周りの小じわを消すと言っても、目もとアイクリームや目もと専用美容液をつけていても、気のせいぐらいしか、効果が無く、あきらめムードになっている方にとって、試してみる価値はあると思います。

気になるお値段は、お試し定期コースが1個あたり、3980円です。
定期コースと言っても、いつでも中止・解約出来るので、まず、試して結果をみることが先決だと思います。

↓ヒアロディープパッチの詳細と購入はこちら↓


ヒアロディープパッチとは・・

ヒアロディープパッチを手の平に乗せている

ヒアロディープパッチは、全く新しい目もとの小じわを消すパッチです。

それは、ヒアルロン酸で作られた、マイクロの針入りのパッチですが、気になる目元に寝る前に貼って、翌日には目の小じわが消えているという魔法のような商品です。

つまり、目もとのシワはヒアルロン酸不足だからで、年齢が進むと次第に真皮のヒアルロン酸は不足しがちになります。
また、乾燥も大きく関わりあっていますね。

乾燥肌の方は年齢関係無く、目の小じわが目立だったりします。
それで、ヒアロディープパッチは、不足したヒアルロン酸を補うというものです。

これは、医療行為でヒアルロン酸注入(注射)をされる方がいらっしゃいますが、同じようなものですが、金属の針を差して注入するものではありません。
ヒアロディープパッチは、針と言ってもヒアルロン酸で作られています。

また、ヒアルロン酸といっても、肌に入るように工夫されているので、チクっとしますが、次第に(約10分〜15分)ヒアルロン酸が溶けて皮膚に入ってゆくので、痛いと言うほど気にするものではありません。

ヒアルロン酸の針のサイズは200マイクロメートルなので、0.2mmの大きさになります。
0.2mmの針だったら、痛いというほどではないですよね。

この、ヒアロディープパッチを目もとに張って寝るということですが、お肌の角質層の深部まで、潤いを届けるということです。
これは、理にかなっている商品だと思います。

シワになるのは、コラーゲンやエラスチンが真皮で格子状になって支えていますが、保湿がなされていないと、へっこんだ状態というっか・・シワになりますよね。

ヒアロディープパッチでヒアルロン酸を直接真皮にたっぷり補うことで、保湿が保たれてシワが消えてゆくと言う仕組みです。

ヒアロディープパッチの使い方

ヒアロディープパッチは週に1回貼って寝るようにします。
つまり、使うのは週に1回なので、月に4回ですね。

1袋の中に小分けの小袋に2セットのヒアロディープパッチが入っています。

ヒアロディープパッチを取り出す

まず、洗顔して化粧水でお肌を整えてから、ヒアロディープパッチを小袋から取り出しますが、濡れた手で取り出さないように注意します。

ヒアロディープパッチを取り出す

取り出した、ヒアロディープパッチですが、貼る面の真ん中あたりの、マイクロニードルに触れないように注意してフイルムを剥がします。

ヒアロディープパッチを剥がす

鏡を見て、目の周りのシワを覆うように貼りますが、目の端から3mmぐらい離すように貼ります。
この時、一度貼ってしまった場合は、貼り直しはしないで、また、シワの部分とずれていても問題ありません。
ヒアルロン酸が角質層に入ると、面的に広がるので効果を妨げることはないということです。

ヒアロディープパッチの貼り方が目から3mm離す画像

ヒアロディープパッチを左右の目もとに貼った後は、軽く指で2〜3回押さえて、シートとお肌を密着させます。
これで、完了です。
ヒアルロン酸が溶け出すのは10分〜15分ぐらいで、その後、約1時間でシート内のヒアルロン酸は全てお肌に浸透します。

シートと肌を押さえて外れないようにする

翌朝シートをゆっくり剥がしてください。

シートを剥がす

ヒアロディープパッチの使い方と言うか貼り方はこのような手順で行いますが、1回やってみると、すぐに慣れるので簡単です。

ヒアロディープパッチを使ってみた感想

私からの感想

ヒアロディープパッチを実際使ってみた感想ですが、小袋から取り出して見ると、透明のバンドエイドのような感じで、目もとに貼りやすいように湾曲しています。

注意しなければならないことは、貼る面に触れないことと、貼り直しが出来ないことです。
実際、貼り直しは出来ますが、ヒアルロン酸のニードルなので、貼り直しは効果が弱くなるのではないかと思います。

そして、私の場合、目のシワにジャストマッチするように貼ろうとしますが、最初はうまく貼れませんでした。
でも、シワの真上に張らなくても十分効果があるそうです。

むしろ、貼り直す必要はありません。

それで、かんじんな、翌朝の目の小じわの状態ですが、貼っていたヒアロディープパッチをゆっくりと剥がしてみると、保湿満点で、プリンプリンの肌に変身していました。

もちろん、シワの深さもうっすらと目立たなく、ハリを感じさせているので、これは、いいもの見つけたと思っています。

私はまだ、一回だけのヒアロディープパッチですが、来週・・そして、次の週・・と続けてゆくと、若返りが成功すると言うことですね。
北の快適工房さんいいもの作ってくれました。

↓ヒアロディープパッチの詳細と購入はこちら↓


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ