ホワイトニングは自宅でビーグレンデンタルで!

ビーグレンデンタルが自宅でホワイトニング出来るように作った

ビーグレンデンタルは、自宅でホワイトニング出来るのが評判を呼んでいますね。
歯科医院へ予約を入れたりする必要が無いのが、ビーグレンの最大のメリットです。

また、自宅なので、いつでもホワイトニングが出来るのが良いということですが、自分のペースというか・・
予定を立てて白い歯を目指すことが出来ますね。
ホワイトニングセット

私の場合は、接客業なので、土曜・日曜は、ほぼ、1日中仕事ですが、月曜はお休みなので、月曜の夕食を済ませてから、ホワイトニングをしています。

その月曜は、40分ぐらいマウスピースをつけています。

火曜日から金曜日までは、ホワイトニングが出来ない日もありますが、出来る日は、20分ぐらいを目指しています。

それから、ホワイトニングする時間は、寝る前にします。
寝る前は、翌日の朝まで、何も食べないので、ホワイトニングするには、最も効果的だからです。

それで、私のホワイトニングスケジュールですが、毎日はしていません。
その変わり、歯磨き粉とホワイトニングジェルを半々に歯ブラシにとって、少し長めにブラッシングしています。

それだけでも、歯の白さは保っていますね。

このように、ビーグレンデンタルのホワイトニングジェルは、自宅で自分のスケジュール通りでホワイトニング出来るのがいいと思います。

ホワイトニングが楽しくなる理由は?

ビーグレンのカラーガイド

 

ビーグレンデンタルを、最初始めた時は10分のホワイトニングキープでしたが、それでも、慣れないのでマウスピースの違和感がありました。

また、10分間なのに、長い気がしてずっと続けることが出来るのか、ちょっと不安でした。

でも、2日目に15分のキープ、そして、3日目は20分と、いうように時間を増やしてゆくうちに、マウスピースの装着に慣れてくるので、気にすることも無くなります。

やはり、最初の10分間のホワイトニング時間は慣れるという意味で、適切な時間だと感じています。

それで、今では、40分〜50分ぐらいホワイトニングキープをしていますが、時間がすぐに経ってしまうので、慣れと言うものは凄いと思います。

それから、ホワイトニングが楽しくなる理由があります。
それは、ビーグレンデンタルに付いている、カラーガイドです。

カラーガイドとは、歯の色見本のようなもので、自分の歯の色を、その、カラーガイドと見比べて、白さを確認するものです。

ホワイトニングする前に自分の歯とカラーガイドのカラーレベル値を覚えておいて、ホワイトニングが終わった時に、どれだけ白くなったのかをチェックします。

これを見て使っていると、今までホワイトニングを行った結果、ここまで白くなったと言うことを知ることが出来ます。
つまり、目標が出来るので、やる気が出ますね。

例えば、1ヶ月のホワイトニングで4レベルアップを目標にするなど・・・

歯のホワイトニングも目標を決めて目指すことで、うまく目標通りに進むことが出来れば嬉しくなります。
これが、ホワイトニングって、楽しいと感じる瞬間ですね。

歯の汚れ、そしてホワイトニング

今まで、ビーグレンデンタルを知る前までは、いろんなホワイトニングを試してきました。
でも、デメリットもあって、私には合わないと感じたのです。

それをお話ししますが、まず、歯の汚れについてのレポートをします。

歯の汚れは、誰にもありますが、意外とホワイトニングされている方がいらっしゃると言うことです。

テレビに映る仕事の方はもちろん、営業など、接客する職業の方は第一印象は良いに越した事は無いので、歯には気を使っている方は多いですね。

でも、コーヒーを飲んだり、赤ワインやカレーなど、普通の飲料や食事だけでも、歯は汚れてゆきます。
歯の断面図

もちろん、歯磨きをされていると思いますが、市販の歯磨き粉で歯を磨いてもエナメル質の表面を研磨剤で削る程度のものなので、茶渋やタバコのヤニはとれないのです。

これらの汚れは、エナメル質の中まで、沈着して象牙質の色にも影響を及ぼしたりします。

また、エナメル質が薄い人は、象牙質の黄ばみが目立つので、歯が黄色く見えてしまいます。

更に、年齢が進むにつれて、エナメル質自体が変色します。
このような、場合は、歯を漂白しなければ、根本的な白さは蘇りません。

よって、ホワイトニングジェルでホワイトニングすることになります。
ビーグレンデンタルのホワイトニングは、美容歯科とほとんど同じ方法でホワイトニングをします。

つまり、歯を漂白して歯を白くする方法です。

ビーグレンデンタルのホワイトニングする薬剤は何?

歯の漂白に使う薬剤は、過酸化カルバミドというもので、これが、活性酸素を作り、歯のエナメル質の内部にある、エナメリンなどの有機物に働きかけて汚れている物質を分解して白くさせます。

赤ワイン

でも、漂白した歯は、汚れがつきやすくなります。
よって、ホワイトニング後のコーヒーやカレー、赤ワインなどは摂らないようにしなければならないのです。

通常、美容歯科でのホワイトニング期間中は、色素がつきやすいものは避ける必要があります。

ところが、ビーグレンデンタルはEXポリリン酸という成分を配合しています。

この、EXポリリン酸は、着色を抑える働きがあるので、ホワイトニング後の色素がつきやすいものなどを摂っても問題無いと言うことです。

これが、ビーグレンデンタルだけのメリットになります。

私が今まで試してきた、ホワイトニングとは・・

ホワイトニング専用の歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング専用の歯磨き粉ですね、これがいちばん簡単にホワイトニングが出来ると思って購入される方が多いと思います。

毎日、歯磨きしていますが、ホワイトニング専用のものに変えれば良いと言うことです。
でも、これは落とし穴があって、多くの商品は、研磨剤が多く入っているだけのものです。

説明書には、歯の汚れを浮かせて取り去るということですが、成分には、過酸化尿素など、それらしき薬剤は入っていません。

歯磨き粉としては、重宝されると思いますが、ホワイトニングは出来ませんでした。

歯のマニュキア

マニキュア

 

歯専用のマニキュア・・つまり、歯に白いマニュキアを塗るというものです。
これは、白くなります。

だって、歯に色を塗るので、白くなるのは当たり前です。

でも、この歯のマニキュアは、塗り方にコツがあって、うまく塗れません・・・塗っても不自然な白さで際立って歯が白いので、違和感がある・・

不自然というか・・・そう言えば、意外と白い歯なので、塗っていると分かってしまいますね。

1本、2000円ぐらいなので、安いですが、1日ぐらいしか持ちません。

歯の消しゴムとホワイトニングテープ

歯の消しゴムというものを見つけて買ってみましたが、これも、研磨剤と同じようなものです。
薬液を消しゴムにつけて、歯にこすり付けて白くさせるものです。
消しゴム

基本が研磨なので、結果はお分かりだと思います。
しかも、こすり過ぎると、強力なので、歯にダメージを与えてしまいます。

そして、ホワイトニングテープですが、歯に専用のテープを30分ぐらい貼っつけておくだけで、ホワイトニングが出来るというものです。

これは、ビーグレンデンタルのホワイトニングと同じようなものです。
テープに、漂白剤が入っているので、ただ、貼ってキープ時間を長くするとホワイトニング効果があります。

これは便利だと思ったのですが、日本では、まだ、売っていません。

1980円のお試しホワイトニングジェル

これら、いろいろ、歯を白くするために、使ってみましたが、歯のホワイトニングは、やはり、ビーグレンがおすすめですね。

1980円で1週間分のホワイトニングジェルが買えます。
まずは、試してみるのもいいかもしれません。

↓こちらのホワイトニングもおすすめです。↓

↓ビーグレンデンタル関係記事はこちら↓

ビーグレンデンタル 口コミ

ビーグレンデンタルで歯の黄ばみを落としてホワイトニング

歯のホワイトニング 1980円はビーグレンデンタル

ビーグレンデンタルの効果

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ