ゼロ婚 安く結婚式をあげる

結婚式今、話題のゼロ婚・・まさかゼロ円で結婚式をあげることができる?

はい、ゼロ円も不可能ではありません・・・とにかく安く結婚式をあげることが出来るのです。

しかも、希望に沿った式場を選んで、堂々と式をあげることが出来ます。

また、通常の結婚式場やホテルでは、手数料が掛かったり、お断りと言うものでも、ゼロ婚へ提案すれば可能になる場合があります。

しかも、ゼロ円で・・または、低料金で・・・
では、ゼロ婚のメリットを紹介しますね。

↓ゼロ婚の公式販売いサイトはこちら↓


ゼロ婚って何?

ゼロ婚は、プランナーと相談して式場選びや、複数の式場見積もりを検討して決める

プランナー
まず、式場のご希望や、どのような結婚式にするかをプランナーと決めます。

第一希望から第二希望など、あまりこだわりが無いのであれば、いろんな式場のプランを検討して、決めることが出来ます。

実際、プランを立てて見ると、思ったより、安く見積もったり、また、その反対もあります。

取りあえず、自分らのプランがあれば、プランナーに相談して始めることで、どの部分を削るか・・または、ブラスするかを決めることから始めましょう。

持ち出し費用をゼロに近づける

持ち出し費用持ち出し費用とは、招待人数によって、挙式費用、披露宴費用とご祝儀によって、新郎・新婦の持ち出し費用・・つまり、ご祝儀で全て賄う・・又は賄わなかった費用の事です。

例えば、50人の招待で挙式費用が90万円、披露宴費用が110万円で200万円の費用が掛かっている中、ご祝儀の合計が200万円であれば、ゼロ婚・・つまり、費用はゼロ円になります。
よって、新郎・新婦の負担はありません。

ところが、招待客が1人当たりのご祝儀が、3万円だったとすれば、3×50=150万円なので、200万費用−150万=50万円を支払うことになリます。

これを、ゼロ婚のプランナーと相談して、如何にゼロ円にするかを計画します。

支払いは後払いOK!

通常、結婚式の申し込み時に10万円を支払って、挙式2週間前に全額を支払います。

ゼロ婚は、申し込み時に10万円は同じですが、残りの全額は挙式当日支払いで大丈夫です。

これは、当日のご祝儀を受け取ってから支払うことか出来るのです。

ゼロ婚だけの式場選び

ゼロ婚のメリット普通、結婚式場は、ホテルやレストランからしか選ぶことが出来ません。
また、挙式と披露宴は決まった場所限定になります。

神社挙式の場合は、お客様が手配しなければなりません。
また、挙式日も大安・友引など選ぶことが困難な場合があります。

ゼロ婚であれば、料亭や歴史的建造物など、さまざまな場所への提案が可能です。
もちろん、神社挙式であってもプランナーがアタックします。

挙式会場と披露宴会場のアレンジもフレキシブルに行います。
そして、日にちもご希望に沿うように選べます。

式場や披露宴会場への持ち込みは無料

費用を抑えたいので、手作りで行いたいとか、祖母の着物をリメイクして作っったドレスを着る、カメラマンは後輩に頼む・・

DJは会社の同僚が行う、美容師は知り合いが担当するなど、普通、結婚式場では不可能であったことでも、全て無料で出来ます。

これにより、費用を抑えることが可能です。

専属プランナーが結婚式当日もサポート

最短1ヶ月からokプランナーは、式場の手配だけではありません、当日もプランナーがサポートするので、不安はありません。

プランナーは、結婚式でのBGMや演出など、スケジュールに沿ったデレクターとしてサポートします。

やりたいことを最初から相談してプランを立てているので、当日になっても全て理解しているプランナーがサポートしますので、ご安心下さい。

最短1ヶ月前から申し込みが可能

授かり婚や転勤が決まってしまったなど、式を行う期間が決まっている場合、最短1ヶ月前から申し込みが可能です。
取りあえず、相談して、プランを決めて行きましょう。

↓詳しくは公式サイトをご覧下さい。↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ