痛風は慈凰(ジオウ)をお試し下さい。

最近、痛風にかかる人が増えているようです。
健康診断で悩んでいる画像それも、男女とも、増えていて、尿酸値7.0mg/dl以上の人は4人に1人と言われています。

そして、今まで、年齢が50歳がいちばん多い年齢だったのですが、低年齢化し30歳代にも広まっているようです。
それで、今、痛風でお悩みの方は、当然、医療機関への診察を受けておられると思いますが、薬で尿酸値を下げるのに抵抗を感じておられる方にお勧めするのが、尿酸値を下げるサプリメントの慈凰です。

リンクマーク尿酸値対策にオススメのサプリメント『慈凰』

痛風の薬の副作用

一般的に、痛風の薬は、副作用が少ないと言われていますが、やはり、薬を飲んでいると副作用が発生します。
例えば、尿酸値は下がったけれど、GOTやGPTが高くなったと言うケースや身体全体に蕁麻疹が発生したなどです。

その他、食欲不振や尿路結石になったと言う事例もあります。
これらは、尿酸値を下げる薬の副作用です。

このように、尿酸値を下げる効果のある、薬ですが、一般的に薬と言うものは、何らかの身体に良くない影響を与えるのです。

慈凰でお試し

そこで、お試し頂きたいのが、慈凰と言うサプリメントです。
サプリメントは、予防する、または、再度症状が起こらないように有効成分を補うものです。

だから、薬と違って、飲んで、すぐに効果は期待出来ませんが、副作用はほとんどありません。
飲み続けてゆく内に、不足した栄養素や抵抗力を補ってゆくので、次第に改善して行きます。

そして、慈凰ですが、海洋性アンセリンが主成分です。
アンセリンは、疲労の原因である、尿酸の分解を促進する働きをします。

よって、アンセリンは、痛風の予防や改善に効果を発揮します。
また、疲れを回復させる効果や、運動する能力、持久力を高める効果もあります。

痛風になるメカニズム

痛風の痛みイラスト痛風は尿酸が体内に溜まって、濃度が高い状態になり、排出されず、関節に留まり結晶化します。
それが、何らかの刺激で、はがれたりします。

それを、白血球が異物だと判断して攻撃するのです。
そして、炎症が生じて激痛になるのです。

この、痛風の症状は、尿酸が原因で、尿酸はプリン体から作られるので、プリン体を多く含まれている食べ物は良くないと言われています。

よって、プリン体の摂り過ぎには注意が必要ですが、意外と体内でもプリン体が生成されているようです。

慈凰をお勧めする理由

慈凰サプリパッケージ痛風の原因である、プリン体による尿酸ですが、慈凰に含まれているアンセリンが尿酸の排出を促したり、生成を抑えたリして、尿酸値を下げる働きをします。

この、働きは、慈凰の配合量によります。
慈凰に含まれているアンセリンの量は、1瓶で15000mgです。

そして、一般的に1日のアンセリンを摂取する量は500mg必要だと言われています。
これは、慈凰を3粒飲むことで、1日に必要なアンセリン量を確保することが出来るのです。

これを、毎日続けて頂ければ、尿酸値も次第に抑えるように働きかけます。
そして、もう一つ、改善をする必要があるのが、疲れとストレスです。

サプリメントで尿酸値を抑えていても、生活習慣を変えなければ、尿酸値の改善は考えられません。
それの、いちばんの原因と言われている、ストレスと疲労です。

そして、睡眠不足、偏った食事、運動不足なども改める必要があります。
このようにして、生活習慣の見直しをすることが、尿酸値の改善はもちろん、健康につながります。

↓詳しくは公式サイトをご覧下さい。↓


慈凰は楽天やAmazonで最安値?

尿酸値を下げる効果は、慈凰(じおう)

慈凰の口コミ情報

痛風サプリはアンセリン配合の慈凰

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ