プリン体の多い食品制限より、慈凰で尿酸値対策

痛風は食事療法だ」と言われてきた時代も変化が訪れてきました。
それは、プリン体にあります。

ビールで乾杯尿酸の原因はプリン体なので、プリン体を多く含まれているものは食べないということが鉄則でした。

でも、最近、分かって来たことですが、食品に含まれているプリン体は腸管内で分解されるそうです。

つまり、食品からのプリン体の摂取に関して、それほど気にすることは無いと言うことです。

それよりも、体内で合成されるプリン体の方が多くて危険なのです。

そう言えば、以前、NHKテレビの「ためしてガッテン」でも、そのような放送がありました。

ビールや鶏のレバーや煮干しなどはプリン体が多く含んでいるので、このようなものは一切食べないという制限をしていましたが、血中の尿酸値は1.0mg/dl程しか低下しないようです。

要するにごく微量でしか食事制限の効果は無いと言うことです。
だからと言って、過剰にプリン体が多く含んでいる食品を摂ることはよくありません。

それより、アルカリ性食品を意識して摂ることをお勧めします。

↓慈凰の公式販売サイトはこちら↓


アンセリン配合の慈凰で尿酸値を安定させる

慈凰サプリパッケージでは、体内で合成されるプリン体が尿酸を作り過ぎる危険性ですが、これを制御するのが、アンセリンです。

アンセリンは、作り過ぎた尿酸を体外へ排泄する働きをするからです。

そこで、アンセリンサプリの慈凰は、3粒飲むだけで、500mgのアンセリンを補うことが出来るのです。

これを、毎日摂取してゆくことで、尿酸が過剰になることを防いでくれます。

まず、アンセリンサプリの慈凰を規則的に飲んで様子をみて頂ければと思います。

尿酸値を下げる栄養成分

慈凰の全成分

慈凰はアンセリンがメインの成分ですが、尿酸値を下げるプラスされた栄養成分が痛風予防に働きかけます。
つまり、いろんな角度から尿酸値対策をすると言うことです。

それには、ビタミン群や葉酸、クエン酸、そして、抗酸化に働く成分が慈凰に含まれています。

尿酸は、体内で作られる量と排出される量は、ほぼ同じですが、プリン体の合成が過剰になり、多くの尿酸が作られたり、また、排出が出来なくなるケースもあります。

これを対応するのが、ポリフェノールです。
慈凰には、菊花ポリフェノールが含まれているので、体内で作られる尿酸のコントロールと排出を促す効果があると言われています。

また、シークワーサーフラボノイドは、キサンチンオキシダーゼを阻害する効果があるので、尿酸産生を抑えます。

そして、尿をアルカリ化にして、尿酸の排出をうながす、クエン酸や、代謝を正常化する葉酸、尿酸の結晶化を抑制して、炎症を抑えるビタミンAなどが、相乗的に働くので、アンセリン効果をより、強くバックアップします。

↓詳しくは公式サイトをご覧下さい。↓


↓当ブログの慈凰の関連記事↓

痛風サプリはアンセリン配合の慈凰

慈凰は楽天やAmazonで最安値?

慈凰の口コミ情報

痛風は慈凰(ジオウ)をお試し下さい。

尿酸値を下げる効果は、慈凰(じおう)

痛風は、薬で治療したくない!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ