子供のわきがと「クリアネオ」

子供が泣いて困っている母親

お子さんのわきがですね・・・
脇から発する腋臭のことですが、意外と多くの親御さんが悩んでいらっしゃるようです。

今の時代は、子供と言っても、人と違いがあれば、いじめに遭ったりするので、注意が必要です。

特に、わきがは、ニオイなので・・「なんか臭い」と感じたら、子供の社会では皆に分かるように大声で叫んだりします。

この、いじめが毎日続くとなれば、大変な事態になることがあるので、何よりもニオイを発しないように対策をする必要があります。

もちろん、子供の頃の体臭で、いじめに遭うことは昔からありましたが、昔と違って今は、子供の社会と言うか・・・
結構、残酷で事件になる場合があります。

それに、ニオイの問題は、卑劣を表現する言葉です。

いじめに合っている子供

クラスメイトから「ブサイク」とか、「天然」と言われるのであれば、その人の個性を否定している意味になりますが、「クサイ」となると、「近づくな」とか、「避ける」など、その人の存在事態を否定することになります。

また、言われた本人も、友達に近づこうとしなくなります。
これが、発展すると、登校拒否やひきこもりにつながったりします。

このような、心配から、本人のお子さんよりも、ご両親の方が気になりますよね。
そこで、比較的、効果的な子供のわきが対策についてレポートしますね。

 

 

子供のわきがはいつから起こる?

ひとりぼっちな子供

昔は、子供のわきが臭が気になる時期は、肉体的に成長する、思春期頃から強くなりますが、今は、それよりも、低年齢化する傾向があります。

わきがは、ホルモンの分泌によって発するので、思春期頃と決まっていました。

ところが、子供の成長が速まっていると言うことか、小学生の低学年頃から気になることが多くあります。

その、ワキガ臭に気がつくのは、子供の衣類を洗濯をする時に、異臭を感じたりすることからです。

その多くは、ご両親のいずれかが、わきが臭だとか・・・
そうです、これは、遺伝によって子供に受け継がれてしまったということが多いようです。

そして、ご両親が悩み始めて、何らかのわきが対策をすることになります。

わきが対策は手術?

手術医者

今、わきが臭の対策として、手術をすると良いと言われています。

と言っても、小さな子どもを手術させるとなると戸惑ったりしますよね、

また、費用も掛かり、1回の治療だけではなく、定期的に通う必要があります。
それで、わきが臭が再発しないとは限らないのです。

これは、私たちの身体の機能がうまく出来ていて、ニオイの汗腺である、アポクリン腺を除去しても、元に戻す働きをしたり、また、別の部位から、ニオイを発することがあるからです。

例えば、脇のニオイは解消できたが、すそワキガが発生したということもあるようです。
これは、脇のアポクリン腺が除去させたために、他の部位のアポクリン腺が活発になるという現象です。

このようなことになるのであれば、初めから手術はしない方が良いと思います。
そこで、次におすすめする、クリアネオで対策されてはいかがでしょう。

クリアネオで子供ワキガを解消

クリアネオを手にとってみる

 

クリアネオはワキガ臭専用のニオイケアクリームです。

この、クリアネオをワンプッシュして、朝、両脇に塗るだけで、ほぼ、夕方ぐらいまでは消臭効果が期待出来ます。

また、お子さんにも安心な、無添加で無香料です。

更に、アレルギーや敏感肌を考えて、パッチテストを行って、皮膚刺激は認められませんでした。

そして、クリアネオの特徴は、2つの成分がワキガ臭をシャットアウトを目指します。

 

2つの消臭と汗を抑える

その一つは、ニオイの原因になる、ニオイ菌を殺菌する成分である、イソプロピルメチルフェノールが配合されています。

更に、2つ目には、汗を抑える、制汗効果を発揮する制汗成分の、パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。

これらの、ダブル効果で、まず、ニオイの元となる殺菌と制汗を抑えます。
そして、更に渋柿エキスで老廃物の蓄積を改善させます。

渋柿エキスと言えば、ワキガ臭だけではなく、ニオイ全般に優れた消臭効果を発揮する素材成分です。
それは、柿に含まれている、柿タンニンがニオイ成分をくっつく働きをするからです。

この、柿タンニンのニオイ吸着効果で体臭を元から消し去るということです。
これは、汗や古くなった角質などをエサにしている細菌を除去する柿独自の働きがあるからです、

お子さんの体臭が気になりだしたら、まず、クリアネオで対策されてはいかがでしょう。
マイナビウーマンでのクリアネオの使用者継続率は、97%という高い数字となっています。

↓詳しくは公式サイトをご覧下さい。↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ