肝パワーeプラス 二日酔い対策に効果的

肝パワーeプラス個包装お酒が好きで、毎晩、お酒を飲んでいますが、最近、お酒が抜けにくくなり、二日酔いになってしまいます。

以前は、こんなことがなかったのですが、年齢とともに肝機能が弱くなっているように思います。

それで、いろんなサプリメントを試してみましたが、ステラ漢方の肝パワーeプラスをおすすめします。

そのおすすめの理由は、まず、実感するのが早いことです。

私の場合は、飲みだして1週間ぐらいで、朝の目覚めがスッキリしたことです。

この目覚めが良いと言うことを調べてみると、肝臓の機能の中で比較的早く反応するそうです。

よって、他のサプリメントと比べてみて、肝パワーeプラスは真っ先に違いが分かったというわけです。

では、朝の目覚めと二日酔いと、どう言う関係があるのか?
これについて、疑問に持つ方がいらっしゃると思います。

↓980円の肝パワーeプラスの公式通販はこちら↓

二日酔いと肝臓のアルコール分解効果

二日酔いになった男性二日酔いになると、血管にアルコールが入り込み肝臓へ運ばれます。

そして、肝臓の機能が働き、解毒させますが、この肝機能が衰えていたら、解毒するパワーが弱まるので、十分に分解出来なくなります。

これが、翌日に持ち越して二日酔いになってしまうのです。

若い頃の二日酔いのほとんどは、お酒の飲み過ぎだと思います。

お酒を大量に飲むことで、肝機能の解毒が追いつかなくなるのです。
でも、時間が経つにつれて完全に解毒させます。

これは、アルコールの分解を促進するアルコール脱水素酵素(ALDH)が働くからです。
ところが、歳をとるにつれて、少ないお酒でも、二日酔いになってしまうのです。

これは、年齢とともに、アルコール脱水素酵素の働きが衰えてくるからだと思います。

これも、酵素が不足するというか、老化なので、仕方ないと言えば、そうなんですが、肝パワーeプラスがここで働きかけるのです。

肝パワーeプラスに含まれている、肝臓を強化する3つの素材が効果を発揮します。

肝パワーeプラスの3大素材

肝パワーe+の3大素材

肝パワーeプラスの3大素材とは、広島県の牡蠣、長野県産のジャンボにんにく、紀州産の南高梅です。

これらの、3大素材は、肝心要(かんじんかなめ)と言われている、肝臓に特化した優れた素材で構成されています。

二日酔いの症状

二日酔いになってしまった場合は、とにかく、疲れがひどくて、やる気はでませんね。
これには、まず、肝臓がアルコール(アセトアルデヒド)の分解を促進することが必要です。

また、アルコールを解毒させるには、ビタミンB1を多く使います。
この、ビタミンB1が不足すると、けん怠感やめまいを生じたりします。

そして、二日酔いには、激しい頭痛がおこります。

これは、お酒の飲み過ぎでアルコール分解能力を超えると脱水作用を引き起こし、脳の細胞に存在する水分を減少させることで頭痛になるのです。

更に、タバコを吸われる方は、タバコがビタミンCを破壊させます。

95%の満足度ビタミンCは、アルコールの分解を助ける効果がありますが、これをタバコで破壊させていては、更に二日酔いを長引かせる結果になります。

これらの症状には、肝パワーeプラスに含まれている、3大素材で全て対応出来る成分が含まれています。

但し、肝パワーeプラスは医薬品では無く、サプリメントなので飲めば効果がありますとは言えません。

でも、肝臓の解毒に関わってくる、メチオニン、アラニン、グルタミンなどのアミノ酸は、牡蠣に含まれています。

また、頭痛を解消するには、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが効果的です。

そして、アルコール分解させて、ビタミンB1が不足ぎみになりますが、これも、南高梅に含まれている成分です。
更にタバコで破壊させた、ビタミンCの補給には、ジャンボにんにくに多く含まれています。

このように、肝臓がアルコール解毒を助ける成分など、全て、肝パワーeプラスに凝縮されているのです。

よって、肝パワーeプラスは、予防として前もって補給することで肝機能の強化に期待出来るのです。

お酒を飲む前に肝パワーeプラスを飲む

肝パワーe+パッケージ次に飲み会などで、お酒を飲む前に肝パワーeプラスを飲むと良いと言われています。

これは、先ほど説明した、アルコールを分解するアルコール脱水素酵素(ALDH)の働きは、亜鉛が不足すると低下するのです。

お酒を飲む前に、亜鉛の働きを準備させておくと悪酔いを防いでくれるのです。

そして、牡蠣には、亜鉛だけでは無くタウリンも含まれています。

タウリンは、弱った肝臓を再生させる働きを持っていて、二日酔いの症状の緩和にも期待出来るのです。
また、タウリンは、アルコールの分解する速度を早める効果があります。

これは、すい臓や肝臓の過酸化物を少なくする働きがあり、酵素を活性化させて、胆汁酸の量を増やします。
これによって、肝臓の解毒効果を加速させることになります。

でも、お酒は、ほどほどに飲むのが、肝臓をいたわることになるので、お酒の飲み過ぎだけは避けたいものです。

特に、年齢が進むほど、アルコール脱水素酵素は衰えて行きます。
40歳を超えて、二日酔いが気になり始めたら、まずは、肝パワーeプラスをお試し下さい。

肝心要に必要な優れた成分が全て肝パワーeプラスで補給出来ます。

↓肝パワーeプラスの詳細情報はこちら↓

↓当サイトの肝臓サプリ関連ブログ↓

レバリズムLは、しじみと牡蠣とスクワレンで肝臓を強化します。

しじみんサプリ効果はカルサイトの力

肝臓数値が気になったら、肝パワーE+(プラス)で肝機能アップ

協和発酵バイオオルニチンは、やくみつるサプリ?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ