ふるさと納税ってどうやるの?

ふるさと納税って何?

  • ふるさと納税は自治体へ寄附することをいいます。
  • あなたの好きな自治体へ寄附出来る
  • 寄付した自治体からお礼がもらえます
  • 寄付する自治体はいくつでもOK!
  • 翌年の所得税・住民税から寄付した金額によって、還付・控除が受けられる

このように、ふるさと納税は自分の気に入った地域へ寄附することによって、寄附金の受領書(寄附金受領証明書)が届き、それを、来年の申告時に、添付して、確定申告することによって、税金額を差し引いてもらえるという言うことですが、ただ、寄附するだけでは無く、その寄附金に応じた、返礼品が人気なのです。

つまり、普通だったら、税金で差し引かれるだけのお金を、ふるさと納税(寄附)をして寄附すると、払うべき税金から寄付した金額が差し引かれ、更にモノが頂けると言うメリットがあります。

これを放っておくことは、大損ですよね。
やらない手は無いと思います。

但し、2000円の自己負担が必要です。
これは、例えば、10000円のふるさと納税を行うとすると、8000円分の控除を受けられるということです。

つまり、8000円分、税金から差し引いてもらえるということになります。

寄附上限金額はいくら

得した女性の喜び

なるほど、ふるさと納税をすると、結果的に損をしないということです。

どちらかというと、得をするからやるのです。

もちろん、寄附は、いくらでも出来ますが、税金から差し引かれる金額よりも多く寄附すると、その分は自腹になります。

そこで、自分の所得額で、最大の得を引き出す上限金額を割り出す必要が出てきます。

つまり、自分はどれだけ、寄附するのが、最大のメリットになるのでしょう?

では、寄附上限金額を割り出してみましょう。
これについては、次に続きますが、まず、控除出来る税金の種類を書いておきますね。

控除出来る税金は3種類あります。

  • 1)所得税
  • 2)住民税
  • 3)特例部分

控除出来る税金、上記、3つには上限があります。

所得税

所得税=寄附金額 – 2000円☓所得税率

ここで、所得税率ですが、課税所得金額によって、税率が定められています。

例えば、年間の所得税が、195万円以下の場合は、5%、195万円〜330万円の場合は、10%という内訳になります。

よって、所得が多ければ、比率は高くなり、低い場合は、5%で、最大4000万以上で、45%になります。

下記、所得税率をご覧下さい。

課税所得金額所得税率
195万円以下5%
195万円~330万円10%
330万円~695万円20%
695万円~900万円23%
900万円~1800万円33%
1800万円〜4000万円40%
4000万円以上45%

 

住民税

住民税 = 寄附金額 – 2000円☓10%

特例部分

特例部分 = 寄附金額 – 2000円☓(100%ー10%ー所得税率)

この、10%では住民税で所得税率は上記表に該当する税率です。
特例部分の上限は、住民税所得割の20%(課税所得の2%)までになっています。

上記の計算式を見ても、あまり、ピンと来ないと思います。
そこで、もっと分かりやすくしたのが下記の式です。

分かりやすくした式

寄附する金額 = 住民所得割の20% ÷ (100%-10%-所得税率)+2000円

電卓で算出している女性
更に、上記の式で具体的に計算してみましょう。

例えば、所得が200万円の場合でやってみます。

所得が200万円の場合の寄附する金額はいくら?

寄附金額 = 所得額 → (200万円☓2%)÷ (100%ー10%ー10%)+2000円

200万円の所得があるので、住民税所得割の20%つまり、課税所得の2%なので、200万円☓2%=40000円です。

それに、(100%ー10%ー10%)ですが、課税所得金額表で195万円〜330万円に入っているので、「10%」です。
これを当てはめます。

そして、2000円は、自己負担金を加えるということです。

(200万円☓2%)÷ (100%ー10%ー10%)+2000円 = 52000円になります。

この、52000円が寄附上限です。

更に、300万円の所得では、(300万円☓2%)÷ (100%ー10%ー10%)+2000円 =77000円と言うことになります。

これを、表にすると・・・

所得税の課税所得額所得税率寄附金上限金額
195万円以下☓0.05☓0.2÷0.85+2000
195万円~330万円☓0.1☓0.2÷0.8+2000
330万円〜695万円☓0.2☓0.2÷0.7+2000
695万円〜900万円☓0.23☓0.2÷0.67+2000
900万円〜1800万円☓0.33☓0.2÷0.57+2000
1800万円〜4000万円☓0.4☓0.2÷0.5+2000
4000万円以上☓0.45 ☓0.2÷0.45+2000

(上記☓は掛け算)

もっと、分かりやすく調べるには

こちらは、所得では無くて給与収入から割り出した表になります。
給与収入には、それぞれ、配偶者やお子さんなどによって、控除が入ってきます。

その、控除によって、金額が変わってくるので、これに当てはまるものを選べば上限額がすぐに分かるということです。

所得税で割り出す計算よりも、下記の表に当てはめれば、だいたいの目安が分かるので、こちらの方が簡単ですね。

給料収入での表

寄附して税金を収めるまで・・

ふるさと納税で寄附をして税金を収めるまでを書いてみると・・

1)『ふるさと納税』として寄附金を納める
と、納めた自治体から寄附金の受領書(寄附金受領証明書)が送られてきます。

2)確定申告の際に、受領書(寄附金受領証明書)を添付して申告します。

3)寄附をした年の所得税から、控除の対象となります。

4)寄附をした年の翌年の住民税から、控除を差し引いた「住民税決定通知書」が届き、
お住まいの市区町村に住民税を納めます。

ふるさと納税、人気のある自治体はこれ!

ふるさと納税の仕組みは、お分かりになったと思います。
では、次にどこへ寄附すれば良いのか?・・・ですが・・

どこの、返礼品が良いのかということになりますが、実際、各都道府県市町村を見るといっても、あまりにもたくさんあるので、迷ってしまいます。

そこで、昨年、高い評判を得た自治体のポイントをまとめてましたので、参考にして頂ければと思います。


ふるなび1位は「長崎県平戸市」

平戸市のカタログギフト

 

長崎県平戸市は、2014年度の寄附金額全国1位に輝いた、人気のある自治体です。
では、なぜ、この、長崎県平戸市の人気があるのかと言えば、ポイント制度の導入です。

この、ポイント制度というのは、平戸市に寄附をすると、ポイントを発行されるのですが、このポイントは、有効期限無し・・・つまり、永久的なものになります。

例えば、寄附によって、20000円のポイントを持っているとすると、3年後でも、そのポイントを使って、平戸市の特産品や高級和牛を頂けると言うことです。

これは、いいところに目をつけたということになりますね。

私も思うのですが、いざ、寄附して、返礼品は何がいいかと探しているのですが、これと言うものが見つからず、最後には何でもいいやということになってしまいます。

もちろん、欲しいものはありますが、それを探すのに、大変だということと、全ての自治体の返礼品を見ることなんて出来ないですね。

そういった時に、長崎県平戸市であれば、とりあえず、ポイントだけ頂いて、あとは、必要になった時にポイントを使って返礼品を頂くと言う使い方です。(通販感覚でお取り寄せできる)

松阪牛は三重県玉城町

高級松阪牛

三重県玉城町は、お肉で有名な松坂肉を狙う方が多いということです。

A3、A4、A5、という牛肉のランクがありますが、松坂牛は、A5ランクの上に幻の特産というランクが存在しているそうです。

そして、その、最高級の特産の3%しか取れないという、とても、貴重な松阪牛を返礼品として提供しています。

お肉狙いのい方は、玉城町で決まりですね。

ワインは山梨県甲州市

甲州ワイン

山梨県甲州市と言えば、ブドウとワインで有名ですね。

国産ワインで有名な甲州のワインは、ライム、レモン、白桃、そして、グレープフルーツと言う種類があり、軽めのアルコールとさわやかな酸味が特徴です。

iPodや家電は、静岡県焼津市

 

iPad mini4

2015年度は、寄附金額全国第2位の自治体で、返礼品の数が多いことに於いては全国1位です。

焼津なので、漁港なので、お魚が有名ですが、意外とiPadなどパソコンや家電の品種が多いということです。

昨年は、iPad狙いの方が多くいらっしゃったとのことです。

タイヤと自転車は、福岡県久留米市

ブリジストン自転車

久留米市はブリジストンの創業の地と言うことで、自動車のタイヤや自転車を返礼品とする方が多いようです。

冬使用する、スタットレスタイヤを返礼品としてゲットしている方も多いようです。

温泉で宿泊するには群馬県中之条市

温泉

中之条市は、感謝券を最初にとりいれた自治体です。

感謝券とは、中之条市の宿泊施設や飲食店、ガソリンスタンドやコンビニのセブン-イレブンでも使えます。

また、中之条市は、草津温泉の隣ということもあり、温泉施設が整っていることから、人気が高くなっています。

寄附によって、返礼品を頂くというより、ゆっくり、温泉につかって、リフレッシュすることもいいかも知れませんね。

こちらも、人気があります。

更に人気がある自治体は・・

うなぎの蒲焼き

愛知県碧南市はウナギが有名な地域ですね。

そして、佐賀県の小城市は佐賀牛を目当てで寄附される方が多いということで、100万円の寄附で牛1頭のお肉を提供しているそうです。

また、茨城県の日立市は日立家電を返礼品としていることもあり、人気が集中しています。

このように、自治体の返礼品や感謝券などのアイデアを集合させているポータルサイトがあります。

それが、「ふるなび」です。

ふるなびを見るだけで、「コレもらおう」「ここに決めた」ということになると思います。
また、じっくりと、人気自治体の特産品を見るのもいいかもしれませんね。

ふるなびグルメポイント

ぐるなびぐるめ

新たに、ふるなびグルメポイントというものが8月よりスタートしました。

この、ふるなびグルメポイントは、返礼品として届くのではなくて、グルメポイント(お食事券)を頂くものです。

今のところ、牛肉レストランだけですが、更に増えて行く予定です。
その中で、人気があるのは、三重県明和町自治体からの提供で、松阪牛のグルメポイント(お食事券)と、岐阜県池田町の飛騨牛ですね。

これらの、グルメポイントは、東京、大阪、名古屋の、ふるなびグルメ提携レストランで使えます。

ポイントは寄附金20000円であれば、10000円のお食事券(10000ポイント)で、ポイントは即日発行になります

更に、この、グルメポイントの有効期限が無いので、いつでも使えるというものです。
大事な日まで、ポイントをとっておいて、その日になれば使うということが出来ますね。

ふるなびで自治体を選ぶ

フルなびバナー

ふるなびグルメポイントも返礼品として、特産品を頂くにも、先ほど紹介した、ふるなびからお選びください。

返礼品は、通常、各自治体のホームページで選ぶということですが、どこにするのが良いのか?

また、分からないなど・・ほとんど方は、この自治体と決めていないと思います。

そこで、ふるなびの特産品の画像を見たり、どのような内容なのかを他の自治体と比較したり出来るので、多くの自治体を取扱っている、ふるなびがいいと思います。

ふるなびは、2016年8月で46自治体の提携ですが、年内には、70自治体に増える予定とのことです。

このように、ふるなびは自治体数が多く、より活発にふるさと納税を推進している自治体が集まっているので、満足頂けると思いますよ。

まずは、ふるなびのポータルサイトをご覧になることから始められたらと思います。

↓ふるなびポータルサイトへ移動する↓

↓ふるなびグルメポイントはこちら↓

↓ふるさと納税関係記事はこちら↓

ふるさと納税でiPad mini4をもらおう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ