antibo花粉抗体スプレーの効果

花粉症遂に出ましたね・・花粉抗体スプレーが・・antibo(アンチボ)と言うネーミングですが、(株)ベンチャーバンクと言う会社から販売されています。

それで、この、花粉抗体スプレーですが、どのように使うのか?・・と言うと、マスクにスプレーしたり、外出先から帰宅した時に、玄関で「シュッ」と服や帽子などにスプレーして、花粉の効力を無くすと言うものです。

私は、もう、随分前から、花粉症で悩まされています。
花粉症は、花粉の季節・・3月がピークと言われていますが・・いやいや、年中に渡って、困らせてくれています。

ただ、3月に入ると、特に症状がひどくなります。
そんな時に、花粉抗体スプレーがあると、少しは楽になりますね。

特に、凄くキツく発作のように、くしゃみが連発したり、目に花粉が入って涙目になって、物事が集中できなくなる時には重宝しますね・・
また、花粉は、雨が降れば緩和すると言われます。

確かに、そうですが、実際は、自分の服や髪の毛に付着ていて、その残っていた花粉がアレルギー反応を起こしていることって十分考えられます。
だから、雨になれば大丈夫と言う事は決してありません。

年がら年中、アレルギー反応は休みなくやってきます。
でも、この花粉抗体スプレーでアレルギー反応を無力化出来るので快適です。

花粉症に効果がある、花粉抗体スプレー

antibo花粉抗体スプレー私は、花粉には随分悩まされているので、いろいろ花粉対策グッズは購入しました。
花粉マスクはもちろん、鼻に塗ってブロックするものとか、鼻炎スプレーや薬も、何社か試して使っています。

でも、思ったより、効き目は無いですね。
「少しはましかな?」・・と言う感じですね。

もちろん、花粉症を緩和するお茶も飲んでいます。
でも、決定的に対策出来たと言うものはありません。

それで、花粉抗体スプレーですが、京都府立大学の塚本教授との共同研究で開発されたものです。

そして、花粉抗体スプレーの効果ですが、何をもって効果があるのか?
その根拠は何なのか?・・は、次の花粉抗体スプレーの成分と働きをご覧下さい。

花粉抗体スプレーの成分と働き

ダチョウ花粉抗体スプレーなので、花粉を抗体反応させて、無力化させるものです。
その、成分ですが、ダチョウの卵黄から抽出したものを配合されています。

これが、花粉のアレルギー反応を無力化させる働きがあるようです。

京都府立大学の塚本教授は、獣医師であり、ダチョウの研究を専門にされているようで、そのダチョウの卵を使った抗体に注目されて、遂に実証されたようです。

それは、ダチョウの卵黄から、抽出されたものは卵アレルゲンは検出されないと言うことです。
ダチョウは、子に自然界の中で害になる情報を卵に伝達させているのです。

花粉症やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、35万人もおられるとのことですが、確実にその原因や対策は分かっていない状況です。

その原因は黄色ブドウ球菌の毒素では無いかと考えたのです。
その、仕組みをヒントに花粉抗体スプレーが出来上がったのです。

花粉抗体スプレーの効果

花粉スプレーの効果花粉抗体スプレーを噴きかけるだけで、花粉の99%以上が低減出来ます。
この情報を元に、テレビ通販で1時間に2000本以上売れたという反響がありました。

たった、1プッシュで、6.5兆個の抗体が花粉を取り囲みます。
今までは、花粉を侵入させないことが花粉対策でしたが、花粉抗体スプレーは、花粉を無力化させるという優れものです。

これ1本あれば、仕事場など、侵入している花粉をシャットアウトすることが出来ます。
また、洗濯物も外に干しても、大丈夫、後で、スプレーしておけば、花粉を防ぐことが出来ると言うことです。

自分の周りのグッズとかにスプレーするだけで、花粉を追い出すことができるの、これは、優れものだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ