寒暖差アレルギー 白井田七茶がいい!

花粉症アレルギースギ花粉のベストシーズンというか、今がいちばん花粉症にとって、つらい時期だと思います。

でも、まだ、ポカポカと春の暖かさが不十分なので、ここ、1週間が最もつらいと思います。

それで、アレルギー性鼻炎や花粉症に良いと言われている、白井田七茶ですが、今から飲んでも効き目は無いと思っているのでは?

・・そうなんです、花粉症の症状が出始めてから飲んでも、遅すぎます。

でも、今こそ、飲み始めることをおすすめなのです。
その理由は、白井田七茶はスギ花粉やヒノキ花粉のアレルギー症状だけを抑えるお茶じゃないからです。

私がそうなんですけど、花粉症になると、年中アレルギー症状が出始めます。
特に、体温の変化でアレルギー症状が起こる、寒暖差アレルギーです。

どっちかというと、花粉症よりも、寒暖差アレルギーの方がつらい気がします。
今回は、寒暖差アレルギーを含めた、アレルギー性鼻炎についてレポートします。

寒暖差アレルギーとは・・

寒暖差アレルギーの女性ちょうど、今ぐらいの季節ですね・・
冬の終わりから春にかけて、寒暖の差が激しくなる頃に寒暖差アレルギーが起こります。

この季節は、花粉の季節なので、ずっと花粉症だと思っていました。
もちろん、私は花粉症ですが・・・

寒暖差アレルギーと言っても、花粉症と同じ症状なので、分からないということですが、症状を起こしている自分にとって、そんな事どうでも良いと言うことです。

とにかく、この、体質というか、症状を消し去りたい思いです。

それで、寒暖差アレルギーは、血管運動性鼻炎という別名があります。

それは、7℃以上の気温差でアレルギーを引き起こして花粉症と同じ症状になります。
また、この、温度差でアレルギー反応が起こるということは、自律神経に関わりあっているということです。

つまり、寒い時は、体温をその寒さに適応するようにさせて、暑くなると、体温を発散させたりして、調節をしているのです。

これは、自律神経の働きによるものですが、どうも、うまく自律神経が働かなくなっているように考えられます。

私の場合は、汗をかいて放っておくと、この、寒暖差アレルギーになるのです。
もちろん、汗をかくことは問題ありませんが、その汗が冷たくなって体を冷やすことになります。

これは、誰でも、体が冷えると、身震いして、くしゃみが出ますが、私の場合は、それが、極端に早いということです。

普通、体温調整をするので、少々の汗が冷えて体を冷やしても私のようにすぐにアレルギーが反応しないと思います。

これは、先ほどの自律神経がうまく働かないからだと思っています。
そこで、寒暖差アレルギーの対策ですが、アレルギーを起こす、原因物質・・・つまり、アレルゲンが無い。

アレルゲンが無いということは、薬を飲んでも効かないと言うことになります。
そこで、漢方の力に頼るしか無いと言うことです。

白井田七茶で寒暖差アレルギー対策

白井田七茶

花粉症の方は、ずっと花粉症だけに留まることが出来るのでしょうか?

恐らく、アレルギー症状なので、スギ花粉やヒノキ花粉だけ反応を起こすのではなく、ハウスダストや猫の毛などでもアレルギー反応を起こしているのではないでしょうか。

私は、最初、ヒノキ花粉にアレルギー反応を起こしていましたが、スギ花粉、ハウスダスト、そして、猫の毛にも反応するようになり、更に、寒暖差アレルギーも加わったと言うことです。

よって、3月の花粉の季節だけではないので、抗ヒスタミン剤を飲み続けることなんて、怖くて出来ません。

そこで、見つけたのが、白井田七茶です。

白井田七茶の成分によるアレルギー効果についてはこちらをご覧ください。

白井田七茶は、田七人参と緑茶のコンビなので、アレルギーの改善に最も適していると思っています。
そして、これらの漢方は毎日飲んでこそ、体質改善になるので、じっくり構えて飲んでいます。

その、効果というか、今年に入って、去年と比べると、アレルギーも幾分か軽くなった気がします。
でも、まだ、半年ぐらいなので、これから、もっと、良くなると願っています。

あなたも、白井田七茶で、アレルギー症状の根本から解消を目指してはいかがでしょう。

↓白井田七茶の詳細はこちら↓


↓当サイトのアレルギー関連ブログ↓

白井田七。茶は、花粉症などアレルギーに効果的!?

ダチョウの卵で花粉症対策

antibo花粉抗体スプレーの効果

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ