世界一受けたい授業 子供のアトピーは保湿で防ぐ

世界一受けたい授業バナー

「アレルギーになりやすい体質は生まれた時に決まっていた・・!!」
このタイトルですが、私は衝撃的だと思いますが、どう思われますか・・

これは、「世界一受けたい授業」というテレビ番組で紹介されていたタイトルです。
世界一受けたい授業は、日テレで、毎週よる7時56分から放送されています。

司会は、堺正章とくりぃむしちゅ~です。

今回は、世界一受けたい授業でのアレルギー体質についてのレポートで、番組内容に沿った有益な情報を述べてゆきますね。

それで、アトピーである、アレルギー体質ですが・・
アメリカのサウスカロライナ大学の研究によると、最初に生まれた子(第一子)はアレルギーになりやすいという事が発表されました。

新生児のアレルギーグラフその研究内容は、約1200人の新生児の臍帯血(へその緒の血液)の検査によるものです。

その、新生児の臍帯血にアレルギー反応を引き起こすIgEの量を計測した結果、第一子が16.5%でいちばん多いと言う結果が出たのです。

更に、デンマークでの研究発表では、アレルギーを引き起こすのを抑制する免疫細胞の数を調査した結果、第一子よりも、第二子の方が新生児の免疫細胞の数が多いことが分かってきました。

つまり、第一子は、アレルギーを引き起こす抗体が多く、更に、アレルギーを抑える細胞が少ないのです。
そこで、赤ちゃんの時に、皮膚を保湿することで、将来、アレルギー体質になるのを防ぐことが出来ると言うことです。

では、なぜ、赤ちゃんがアレルギー体質になるのを防ぐことが出来るのでしょうか?

皮膚の乾燥が皮膚のバリア機能が低下させる

樹状細胞最近の研究でアレルギーの原因物質は皮膚からも体内に侵入することが分かってきたのです。

つまり、アレルギーが発症する原因は皮膚にもあるということです。

皮膚が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下します。

そして、皮膚の表面には腕のような、樹状細胞があり、これが、アレルギーになるという、原因物質を体内へ取り込んでしまうのです。

そして、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう結果になると言うことです。

乾燥が皮膚のバリア機能を下げる → 容易に体内へ原因物質が侵入する → アレルギー反応になって、アトピー性皮膚炎になる

例えば、赤ちゃんの時に食べかすやハウスダストなどが、皮膚の表面に付いて、それが、体内へ入ってしまうのです。

当然、赤ちゃんは皮膚のバリア機能は未発達な状態なので、しっかりと保湿することで、皮膚のバリア機能を回復させる事が出来ます。

保湿の目安は、生後6ヶ月までは、全身の保湿をする必要があります。

これは、赤ちゃんは生後2~3ヶ月ぐらいまでは、皮脂の過剰分泌が盛んになりますが、この、2~3ヶ月を過ぎると、皮脂の過剰分泌が治まり、今度は、乾燥しやすくなります。

よって、しっかりと、保湿をしていると、アトピー性皮膚炎になる確率が30%以上抑えることが出来るのです。

また、赤ちゃんの時になるアレルギーは、2つあります。

それは・・

アトピー性皮膚炎食物アレルギーです。

アレルギーのマーチこの、2つのアレルギーが3歳ぐらいになると、気管支喘息、そして、10歳ぐらいになると、花粉症に発展するケースが多くみられます。

そして、これらに発展することをアレルギーマーチと呼んでいるそうです。

よって、生後6ヶ月までは保湿が最も大切だということです。

そこで、おすすめするのが、アロベビー(ALOBABY)の高保湿ミルクローションです。

アロベビー ミルクローション

アロベビーミルクローション

アロベビーのミルクローションは、株式会社N&O Lifeから販売されています。
新生児から使用出来る、赤ちゃん専用の高保湿のミルクローションなので安心出来ますね。

もちろん、99%の天然由来の純国産オーガニック製品で、アルコールや合成ポリマー、シリコン、石油系界面活性剤などは一切使っていません、鉱物油も無添加です。

そして、なぜ、アロベビー ミルクローションをおすすめするかと言うと、アロベビーは売れています。

売れているから良いという理由にはなりませんが、大手通販ショップのamazonや楽天など、全て1位のベストセラー品なのです。
つまり、いいものは、買い求めるということだと思います。

特に、育児雑誌の「Kodonoe」(コドモエ)では、200名を超える読者アンケートで、第一を獲得、編集部が自信をもっておすすめするスキンケア部門第一位になった商品だそうです。

更に、世界的オーガニック基準である、エコサート認証を取得しています。

これは、フランスにある、オーガニック認証団体で、ナチュラル及び、オーガニック仕様の化粧品で、厳しい基準に於いて審査、そして、認証されています。

その基準とは・・例えば、完成品の95%以上が天然由来原料であることや、植物原料の95%以上がオーガニック原料であるなどです。

生まれたての赤ちゃんは、先ほど述べたように、皮脂の過剰分泌が盛んになるので、湿疹などの肌トラブルになる場合があります。

アロベビー ミルクローションで湿疹が解消

この、湿疹がひどくなると、小児科病院で受診されると思いますが、薬はステロイドを処方されることがあります。

いくら、小児科のお医者さんからの処方と言っても、まだ、未熟な赤ちゃんにステロイドは気がひけると思います。

そんな時に、まず、アロベビー ミルクローションをお試しになってはいかがでしょぅ。
実際、病院で処方された、ステロイド薬を控えて、アロベビー ミルクローションで、湿疹が消えたという口コミ投稿を見つけました。

↓アロベビー ミルクローションの口コミ詳細と購入窓口はこちら↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ