じゃばらの効果を調査 「くしゃみとおじゃらば」の利点は何?

和歌山県北山村のマップと女性

前回の記事は、じゃばらに含まれているナリルチンというフラボノイドの効果と、じゃばらをサプリメントにした「くしゃみとおじゃらば」に含まれている成分効果について述べました。

そして、今回は、さらに北山村のじゃばらが花粉症対策になるという、試験結果を含めてじゃばらの効果についてお話ししようと思います。

それで、なぜ、じゃばらの効果について深堀りするのか?

ということですが、「月曜から夜ふかし」という、マツコ・デラックスが出演しているテレビ番組(2017年2月27日に放送)で、北山村の村民には花粉症は全くいないのか?

ということで、取材が行なわれ、2名ほど、じゃばらを食べていても花粉症は改善しないことが放送されていたのです。

その1人は、じゃばら農家で育ち、毎日じゃばらを食べていたにも関わらず、花粉症が治らないという方がいらっしゃったということです。

これを見ると、じゃばらの効果は眉唾もののような気がしますよね。
そこで、じゃばらが花粉症対策になるのか?

実際、試験を行なって花粉症を抑える効果があることを突き止めたくなって、再度、北山村の「じゃばら」について調査したと言うことです。

今回は、その調査結果を皆さんにシェアしたいと思います。

じゃばらの花粉症効果を知るきっかけについて・・

今回のテーマを説明する女性
前回でのじゃばらの効果について、まず、花粉症が起こるメカニズムのことと、じゃばらに含まれてるナリルチンが、くしゃみなどアレルギー症状を起こす原因である、過剰なヒスタミンの分泌を抑える働きをするということを記事にしました。そして今回はその裏付けとなる試験結果などの効果についてですが、その前に、じゃばらの花粉症効果の発端から述べていきたいと思います。

 

じゃばらが花粉症に効くといううわさが広まったのはいつ?

口コミでじゃばらの効果が伝わった

ではまず、じゃばらが花粉症に効くといううわさが流れ始めたのは、2001年頃と言うことなので、今から16年ほど前です。

それは、村に住んでいる人たちですが、じゃばらを搾って飲んでいると、花粉症が軽くなったといううわさが広まったということです。

そして、その噂をもとに、北山村がWeb を通じて1000名を対象に、 じゃばらの花粉症の効果についてモニターを実施したのです。

その結果、46%の人が「花粉症が治った」「じゃばらを食べていると、くしゃみなどの花粉症症状が軽くなった」というモニター結果が返ってきたことが発端となったのです。

和歌山県工業技術センターから学会発表

じゃばらの脱顆粒現象の研究

北山村のモニター調査から、2年後の2003年に日本食品科学工学学会がマウスを使った試験を行い、その試験結果に基いて和歌山県工業技術センターから学会発表が行われました。

その内容は、花粉症などのアレルギー症状をおこす免疫反応である過剰なヒスタミンの分泌によって放出されることを脱顆粒現象と呼ばれていますが、この脱顆粒現象を抑える働きがじゃばらにはあるということが判明されたのです。

岐阜大医学部での臨床実験結果

岐阜大学の研究

その後、 2008年に岐阜大医学部が北山村のじゃばらがスギ花粉症にどのような影響を示すのか、これについて臨床実験が行われました。

対象者は29歳から59歳までの花粉患者15名で行われ、1日10ml のじゃばら果汁を2週間摂取した結果、花粉症状である、くしゃみや水っぱな、鼻づまり、目のかゆみ、涙目など、花粉症特有の症状が改善されたと言うことです。

これによって、じゃばらの効果について実証されたということですが、単なる村おこしのために、じゃばらを売り出したというものではないということが分かったのです。

でも、全ての人が、じゃばらの効果があるかというと、そうではないので、ここがポイントということになります。

ただ、花粉症を治す手段として、薬を使うよりも、じゃばらを飲んでいた方が副作用の心配がないので、断然、健康的だということです。

(これらの情報は北山村の村ブロの情報を参考にさせていただきました。)

くしゃみでおじゃらばの評判を呼んだポイントは?

じゃばらは先ほど述べたように、臨床試験の実施で、ナリルチンというポリフェノールが花粉のアレルギー症状を抑えるということで、科学的に実証されました。

でも、実際、北山村のじゃばらジュースを購入して飲んでみると、 柑橘系の果物ということと、栄養分が豊富に含まれている果物なので、私は美味しいとは思いません。

じゃばらは飲めないと言っている男性

じゃばらは酸っぱくて苦いですね・・これを毎日飲むということは、ちょっと辛いかも・・

そこで、じゃばらの効果を最大限にいかしたのが「くしゃみでおじゃらば」というサプリメントです。

くしゃみでおじゃらばはカプセルに入ってるので、 お水で飲むだけで簡単です。
飲む量は、1日3カプセルから5カプセルです。

私の場合は、1日3カプセル飲んでいますが、 以前よりも症状は軽くなりました。

そこで、くしゃみでおじゃらばを飲んでいる方からの決め手となったポイントを聞いてみました。

それは・・・

  1. 副作用の心配がない
  2. 飲み続けなければ効果は発揮しない
  3. 妊婦や産後でも飲める
  4. 子供でも心配することはない
  5. 花粉の多い季節だけ毎日飲んでいる
  6. じゃばらだけではなく花粉症に特化した違った素材が含まれている

副作用の心配がない

ドクターの説明に納得した女性

サプリメントは基本的に食品の部類に入りますので副作用の心配はありません。

そして、くしゃみでおじゃらばは、 医薬品レベルのGMP取得した工場で製造しているので安心と安全が確保されています。

ただ、柑橘系の果物アレルギーの方には何らかの症状が出るかもしれませんので注意が必要です。

飲み続けなければ効果は発揮しない

基本的にサプリメントは飲み続けなければ効果は発揮しません。
でも途中で、飲むのを中止される方が多いということです。

その理由は、症状が軽くなったので、もう飲まなくても大丈夫だと判断されるのです。

そして、症状が再発するケースが多いということです。

症状が再発すると、くしゃみでおじゃらばの存在を再認識することになり、購入を続ける方が増えているようです。

アレルギー症状は、花粉だけではなく、生活する環境において変化していきます。

その1つは、温度差アレルギーです。
例えば、運動して汗をかいて、その汗が冷えると、体に温度差を感じさせます。

それが、花粉症とよく似た、くしゃみを引き起こすという症状が現れるのです。

くしゃみでおじゃらばはサプリメントなので、長く続けることによって体質を正常化させることを目指すものです。

よって半年から一年飲み続けることをおすすめします。

妊婦や産後でも飲める

ドクターの説明に納得した女性

くしゃみでおじゃらばは、基本的に食品なので、妊婦や産後のママが飲んでも問題ありません。

でも基本は、かかりつけの医者に相談することをお勧めします。

子供でも心配することがない

もちろんお子様が飲んでも、問題ありません。
むしろ、子供に花粉症の薬を飲ませるのは心配だと思います。

くしゃみでおじゃらばは、 自然由来の素材を使っているので、安心して飲ませてあげてください。

花粉の多い季節だけ毎日飲んでいる

これもありですねと言っている女性

くしゃみでおじゃらばはまとめ買いをすればお得になるので花粉の多い季節だけ飲まれてる方がいらっしゃいます。

もちろん、花粉症と言っても1年中何らかの症状が現れてくるので長期にわたって飲むことが必要ですが、花粉が多く飛ぶ2月から4月の間だけ、三ヶ月分のまとめ買いをされてる方が多いようです。

3ヶ月まとめて購入すると、送料無料で税込で8694円になり、1ヶ月2898円です。

これを1日の出費と考えてみると、93円になります。
この価格であれば続けられると思います。

じゃばらだけではなく花粉症に特化した違った素材が含まれている

くしゃみはおじゃらばの成分でスッキリした女性

くしゃみとおじゃらばは、メインの、じゃばらと 、甜茶エキス、緑茶ポリフェノール、シソエキス 、乳酸菌が含まれているので、違った角度から、アレルギー症状を緩和させる働きをします。

よって、甜茶などを飲む必要がなく、くしゃみでおじゃらばだけでサポートできるということです。

プラス配合されてる成分の働きについては、前回ブログのじゃばらで花粉症対策「くしゃみとおじゃらば」をご覧いただければ思います。

私は花粉症歴15年を過ぎていますが、花粉症は治りません。

おそらく、私と同じように花粉症は治らないっていうことを考えていらっしゃる方って多いんじゃないかと思います。
つまり、諦めてる方が多いということですね。

でも、和歌山県の北山村のじゃばらが含まれている「くしゃみとおじゃらばは」を試してみる価値はあると思いますよ。

もちろんすべての人に、期待できるとは言えませんが、テレビや雑誌で多く報道されていることは事実です。
また、売れているということも本当です。

ということは、試してみる価値があるということです。
じゃあちょっと飲んでみようかなと思う方は、下記バナーをクリックして公式サイトをご確認ください。

↓くしゃみとおじゃらばの詳細はこちら↓

 

↓くしゃみとおじゃらば関連記事はこちら↓
じゃばらで花粉症対策「くしゃみとおじゃらば」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ