エアコン工事業者比較 | 格安エアコン業者を揃えました。

安いところを選べるのは便利

今や、Web通販で買って、格安のエアコン工事業者へ依頼すれば、驚くほど安く済ませることができます。

でも、どの業者を選べばいいのか?迷ってしまいますよね。

そこで、各業者の特徴と選ぶポイントとなることを、調べてみました。

この内容を比較して検討して頂ければ、きっと、賢い買い物になると思います。

エアコンサポートセンター

エアコンサポートセンターはエアコンのみの工事業者です。
よって、料金はいちばんお安くなっています。

例えば、エアコンの取り外し 6700円から
取り付けが2100円からになっています。

よって、エアコンの移設の基本料金が8800円からと言う低価格
また、ネットで買ったエアコンの取り付けは14500円(新設)からになります。

全国対応 最短翌日工事可能
1年施工保証
真空引きが標準料金に入っている。
エアコンクリーニングが13500円からです。

↓↓詳細と申し込みはこちら・・・↓↓

棟梁ドットコム

棟梁ドットコム
6畳から14畳までのエアコンの新設の場合14000円から・・

16畳以上は18000円から・・
もちろん、本体を棟梁ドットコムで購入して取り付けることも可能です。

複数の設置の場合は割引キャンペーンがあります。
真空引きが標準料金に入っている。

その他、ビルトインガスコンロの工事
ガス機器販売・工事、トイレやバスルームの工事、リフォームなど、幅広いサービスが話題になっています。

料金シミュレーターでだいたいの見積で検討出来ます。
コールセンターでの安心サポート可能で・・

対応は、ほぼ全国対応ですが、訪問出張料が一部有料となる地域が、2014.6.4日現在で・・
北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、山梨、愛知、三重、奈良、兵庫、岡山、広島、島根、山口、香川、徳島、愛媛、、鹿児島
問い合わせが必要なのは、静岡、島根、鳥取、佐賀、長崎です。(順次対応しています)

↓↓詳細と申し込みはこちら・・・↓↓

エアコン取り付け王

全国対応(北海道、沖縄、離島を除く)の「エアコン取り付け王 」は取り付け料金が、8000円~で、低価格です。
そして、他と違うところは、古いエアコンの撤去、運搬料金が無料です。

つまり、古いエアコンのリサイクル料金が無料と言うことです。
そして、エアコン取り付け王は、エアコン工事専門なので、エアコン本体の販売はしていない点です。
エアコンの取り付け、取り外しが専門と言う技術のみの業者です。

↓↓まずは、公式ホームページで詳細をご覧ください↓↓

エアコン工事業者比較

下記3社の比較をご覧下さい。

項目エアコンサポートセンター棟梁ドットコムエアコン取り付け王
対応地域全国ほぼ、全国全国
取り外し6700円~7000円~見積
取り付け2100円~見積見積
新設14500円~14000円~8000円~
本体販売販売は行っていません。販売しています。販売は行っていません。
サービス依頼して、翌日工事も可能 1年保証ガス機器販売・工事、トイレやバスルームの工事、リフォーム、1年保証、見積料金のみで追加料金がかからない、複数取り付けで割引あり。古いエアコンや壊れたエアコンの処理費用や運搬費用が無料、1年保証

上記の項目説明

取り外しと取り付けは、エアコンを取り外してそのまま取り付けます。
よって、ホースはそのまま使うことになります。

もし、ホースの劣化を考えて、新ホースにする場合は、新設になります。
また、新設は、ネット購入などで新しいエアコンの取り付けになります。
ホースの延長などは、オプションになります。

これらは、エアコンの容量や工事地域によって、基本料金が異なる場合があります。
設置場所やホースの長さ、その他、オプションにもよりますので、概算として理解して頂ければと思います。
とりあえず、各サービスのバナーから詳細をご覧下さい。

どこへ依頼すれば良いの?

3社のサービス内容ですが・・

エアコンを移設・引越し工事をするには、「エアコンサポートセンター」がお安くなります。

引越しに伴って、エアコンを取り外して、新居で取り付けると言う移設工事です。

ネットなどで、安く買って、取り付けるとなると、エアコン新設工事なので、「エアコン取り付け王」がお安いです。

複数台のエアコンを取り替えるとか、エアコンを移設・引越し工事、または、エアコンも販売しているので、全て任せることが可能となるのが、「棟梁ドットコム」がお安くなります。

あなたがどのようにしたいのか?それによって、変わってきますので、各サイトでご検討下さい。
でも、3社全て見積をとってみるのも良いと思います。
3社の内容を比較検討することで、より、ぴったりな業者を見つけることができると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ