エアコン工事の追加料金 | オプションになる内訳は・・

エアコン工事作業員

エアコンの工事が安いと言う当サイトですが、あくままで、基本工事の料金です。

エアコンは、お家によって、設置場所がそれぞれ違ってくるので、基本料金で設置できるのか?

それとも、オプションとして、追加料金が発生するのか?
ある程度、確認しておくことで、だいたいの料金を把握することが出来ます。
但し、料金は設置する状況によりますので、概算になります。

基本料金の概要

エアコンの基本料金、つまり、標準取付工事は下記内容になります。

コンセントは室内機が設置する場所の近くにある。

壁に、エアコン用の穴があること。

配管パイプは4mまで(通常、新しくネットなどでエアコンを買ったものであれば、4mのものが付属されています。

室外機の設置場所はベランダと地面

(上記は全てのエアコン業者の規定ではございません)

設置場所がオプションになる場合

エアコン設置

通常、標準取付工事では、このような設置になります。

この画像では、配管化粧カバー(オプション)が付いています。

エアコン設置2

 

2階に室内機を取り付けて、室外機は1階の地面に設置する。

 

エアコン設置屋根

室外機が屋根の上に設置する。

その他に・・

室外機を壁面に取り付ける。

室外機を壁の天井から吊り下げる。

などは、オプションになります。

部材が必要になる場合

配管用化粧カバー

配管カバー

部材と言うと、見栄えを良くする、配管用化粧カバーです。
これは、室内用と室外用がありますが、ホースがむき出しでは、どうも、と思われる方には、オプションになりますが、仕上がりが綺麗になりますので、依頼しては如何でしょう。

配管用化粧カバーは建物の色にマッチしたものがあり、色はホワイト、アイボリー、グレー、ブラウン、ブラックが揃っています。

料金は2mまで、9000円ぐらいで1m当たり3000前後です。

それから、設置する状況によって、変わってくる場合があります。

もちろん、ホームセンターでも販売しているので、後でご自分で取り付けることも可能です、但し、脚立や電気ドライバーなどが必要になります。

こういったことが好きな方は問題なく取り付けることが可能です。

穴あけ作業

穴あけ作業
壁にエアコンダクトを通す穴が開いていないので、穴を空けると言う作業です。

これも、穴あけの壁が木造、モルタル、ボードなどになると思いますが、だいたい5000円ぐらいになります。

コンクリートやタイル、寒冷地仕様の住宅の場合は、別料金になる場合があります。

200V機種の場合

エアコンは100V仕様と200V仕様があります、電気代を考えると200Vを選んだ方が良いと思いますが、電気工事が必要になるケースがあります。

また、賃貸マンションの場合は200Vにすることはお薦めできません、理由は、退居の際に元に戻す工事が必要になって来るからです。

だったら、最初から、100Vのままでも問題無いと思います。
最近では、2.8KW(鉄筋12畳)のものでも100V仕様のものがあります。

200V単相への切り替えは、オプションになり、2000円ぐらい掛かります。
また、分岐ブレーカーの交換となると、3000円ぐらいです。

インペイ配管

隠蔽配管
隠蔽配管と言って、エアコンのホースを建物の中に収める工事です。

通常、ダイワハウスやセキスイハウスなどの住宅メーカーに多いのですが、新築の場合は、もともと、エアコンホースを設置してあるので、問題ありませんが、エアコンを買い替えになると、ちょっと、大変です。

恐らく、量販店では断られることが多いと思います。
私も一度、やってみましたが、作業員は2人必要です。

エアコンホースは建物の壁の中にあるので、古いホースを取り出すのが大変です。
そして、また、新しいホースを壁の中に入れるのも大変です。

壁の隙間は狭いし、障害物があったりするので、思うようにホース送りが出来ないのです。

この場合、別に壁を開けてもらった方が料金も安く済みますので、その方が水漏れなど、トラブルがあった場合、対処しやすくなるのでお薦めです。

こういったことが、エアコン工事の知識と思って頂ければと思います。
まずは、Web見積をして、その際に追加料金が発生するケースなど、細かく打ち合わせをして頂ければと思います。

↓安くエアコンを設置するにはこちら↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ