エアコンを安く買って安く取り付ける!やり方はこちら・・

エアコンが涼しく冷やしている

今やネット社会と言うか、ほとんどの人は商品を買うか・・買わないか・・・別として、ネットで、情報を得ていると思います。

そうなんです、買う側も、ある程度、相場を知り、「どのようになっているのか?」を知ることによって、費用を安く済ませることができるのです。

このことは、家電やその他、生活必需品など、全てに言えることですが、エアコンはどうなんでしょう?
エアコンは買って自分で取り付けることが出来る人は少ないと思います。

それは、工事が必要だからです。
でも、今や、エアコンの工事専門業者があるので、そこで、見積を依頼して、納得行けば依頼するだけで、完了です。

依頼は簡単です、このサイトから出来ます。
では、エアコン本体をどのようにして、安く購入するか?・・です。

手っ取り早いのは、価格ドットコムである程度、機種を決めることです。

お部屋のタイプを決める

まずは、設置するお部屋のタイプを決めることになります。

お部屋のサイズによって、エアコンの容量が違ってくるので、このサイトの「お部屋のタイプ」を御覧ください。
そして、例えば、洋間の8畳であれば、エアコン能力は2.2KWか2.5KWになります。

お部屋の密閉性が高いのであれば、2.2KWで十分です。
また、日当たりが良いとなると、2.5KWの方が能力が高いので、良いかもしれません。

エアコン能力が決まれば、次に機種選びになります。

機種選び

これは、好みになりますので、価格ドットコムなどの、口コミを参考にしたり、各メーカーのサイトで詳細をみることで決めてが見つかると思います。

そして、メーカーと機種が決まれば、あとは、どこで買うかを決めます。

機種番号で検索

例えば、〇〇メーカーの機種番号が「RAS-2214D-W-KJ」であれば、GoogleやYahoo!の検索窓口に「RAS-2214D-W-KJ」または、「メーカー名+RAS-2214D-W-KJ」で検索してみるのです。

だいたい3ページぐらい見てみると、たまにですが、トビっきり安く販売しているサイトを見つけたりします。
また、同じグレードで、型落ちの限定販売も見つかったします。

まれに、グレードは同じですが、違うメーカーのものも見つかったりするのです。
こういったことを、気長にサイトサーフィンして行くと、だいたいの料金のことや、いろいろな仕組みが見えてきます。

注意すること

ただ、注意点は、送料と消費税です。
このことを、見落とさないようにすることが必要です。

それから、在庫切れの情報も確認が必要です。
そして、まずは、どこで買って、いつぐらいに届くと言うことを把握しておきます。

次に、その、エアコンを取り付ける業者を決めることになります。
それは、簡単な下記の業者で見積依頼をすれば、簡単に回答が返ってくるので、面倒ではありません。

すべて、パソコンでの作業で済ませることができるので、ズムーズです。
直接、電気量販店へ出向いても、在庫がある商品のみを売ろうとするので、お客ペースではなくお店のペースで進んでゆくので、お得か?は疑問です。
是非、この方法で情報をゲットしていただければと思います。

エアコン工事

快適なエアコン
エアコンの工事の内容は、さまざまなので、業者に頼むのですが、数千円で安く済ませることが出来ることもあり、もっと、高くなる場合もあります。

その料金ですが、比較的安くなるケースは、室内機から室外機までのホースのルートが簡単な場合です。

よくあるケースは、室内機が通常の窓の上あたりに設置して、室内機からのホースを室外に出す専用の穴が既に空いている場合です。

そして、そのまま、室外機の上あたりから、ホースを壁に這わせて室外機に行くタイプの設置工事です。

これは、普通のマンションであれば、そのような設置用の部屋の造りになっているので比較的多いケースです。
最近の賃貸マンションはこのような造りになっています。

要するに、室外機は、マンションのベランダに床置きになるケースです。
これであれば、エアコンを購入した時に付属に付いているホースで設置できるので、オプションにはならないと思います。
オプション料金(追加料金)がかかる場合

オプション料金(追加料金)がかかる場合

天井設置型エアコン

エアコンの室内機と室外機のホースに距離がある場合です。

例えば、ベランダや物干し場が無くて2階の部屋に設置する場合です。

室内機は2階になり、2階に穴を開けて(通して)1階まで壁づたいに長いホースで1階の室外機まで通す場合です。

または、同じ2階の別のベランダや物干し場まで、ホースを延長する場合、屋根に室外機を設置する場合などは、オプション料金が掛かります。

それから、室外機が建物の壁に設置金具で取り付ける場合や壁の穴あけもオプションになります。

その他、隠ぺいと言って、ホースを壁の中に入れる場合やホースを化粧カバーで隠す場合はオプションになります。
こういったことを知っていれば、設置会社と相談しても、スムーズにしかも、間違いの無い工事が完了します。

↓↓詳細と申し込みはこちら・・・↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ